経営理念・経営方針

経営理念

 JAバンク茨城県信連は,JAとともに地域に密着し,茨城県の豊かな自然と農業を守り育てることを通じて,社会や産業の発展に貢献できる地域金融機関を目指します。

 

経営目標

  1. 地域金融機関として組合員・地域利用者のニーズや信頼に応えるため,優れた金融サービスと質の高い情報を提供します。
  2. 社会的責任を自覚した健全経営を行う地域金融機関として,茨城県の農業・産業振興を通じて茨城県の発展に貢献します。
  3. 強靭な「JAバンク茨城」(JAと信連が一体となった県内信用事業)の実現を図ります。

茨城県信連の目指すもの

3か年中期経営計画(2019年度~2021年度)

 本3か年中期経営計画は,「経営理念」および「経営目標」のもと,当会とJAの一体的な事業推進態勢を一層強化し,より強靭な「JAバンク茨城」を実現することを基本方針として諸施策に取り組むとともに,当会は健全経営を維持しながら,会員JAに対し利益と機能の還元を安定的・効率的に実施します。
 なお,当会を取り巻く情勢は,人口減少や少子高齢化に伴う事業基盤の変化,超低金利環境継続による収益力低下等を要因に今後も厳しい経営環境が続くものと思われます。JA自己改革については,2019年5月に集中推進期間の期限を迎えましたが,不断の取り組みとして実践していくとともに,この環境を「生き残りをかけた大規模な変革実践」のときと捉え,農業・地域の成長支援,農業所得の増大に向けて強い使命感をもって取り組みます。

 

利用者保護等管理方針
地域貢献活動
リスク管理の状況
各種方針について